愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

動物

こんなに良いお天気なのに、体が疲れてぼんやりとしている。なんだか微妙に暗い気持ちだ。暗い話を書きたい。

自分は動物全般が苦手だ。生暖かく柔らかい皮膚と毛、予想のつかない俊敏な動き、次の瞬間を何をされるかわからない恐怖、得体のしれない未知の物体。それが私にとっての動物だ。人間は触らなくてもコミュニケーションをとれるからありがたい。

動物と一緒に暮らすのは多分無理だと思う。猫くらいならまだ我慢できるけど、お世話の類は無理だ。無視してやり過ごすことでしか共存できないと思う。

地球に生きている限り、動物には慣れていたほうが良いだろうに…。