愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

疲労

一昨日と昨日、バイトに行った。もう本当に労働はこりごりだ。まったくもって疲れ切ってしまった。

なんでみんな週に5日8時間も働けているのだろうか。体力的にもそうだし、精神的にもきつくないか?私は好きなだけぼんやりしたいし、好きなことを考えていたい。つまらない仕事のことに労力を割きたくない。みんなは好きでやっているのか?これを?

まあでも働きたい気持ちも多少はわかる。うまくやれば肯定感と承認欲求と自尊心が満たされる。

でもさあ、もうキツイ仕事なんて機械に任せて、みんなで昼寝してすごそうよ。疲れた.

 

今日は子連れの家族に会った。子どもは小さくてちょろちょろすばしこく動き回るから、お母さんは大変そうだった。なにせ目を離した瞬間にいつ何が起こるかわからない。ごはんを食べるのも一苦労だ。なのにお父さんは何もしない。悠長にカレー食ってる。子ども二人もいるんだからせめて一人の世話くらいすればいいのに。お父さんがのんびりした口調なのに対してお母さんは少しきつめの口調なのも気になった。もともとの性格なのかもしれないが、きっと日常的に子どもの世話をするのはお母さんだけなのだろう。子どもに対して真剣になればなるほど、親は切羽詰まった顔をしていると思う。当然だ。次の瞬間には消えるかもしれない命を守り育て、その人生の責任を負っているのだから。命を背負っているのだからピリピリしているのも仕方がない。でも、だから私は母親というものが怖い。子どもも怖い。私は自分の人生にすら責任を持ち切れないのに、母親は子どもの人生を背負っている。子どもは無邪気だ。家族を見ていると悲しくなってくる。