愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

正しさ

ニーチェは「真実はなく、解釈があるのみだ」(うろ覚え)と言ったそうだが、ほんとマジそれだよな…と思う。

 

正しさって何だ?真の正しさ、絶対的な正しさとは存在するのだろうか?とよく考えているのだけど、難しい。周りを見渡してみると、正しいか正しくないかとは後から判断されたものであるように感じる。つまり正しさの基準はその都度、解釈によって定められていると感られるのだ。

 

正しさの代表格(?)と言えば、法律だけれど、その法律だって時代や文化によって異なる。だいたいどの国・文化でも殺人は罪だけど、宗教儀式として人の命を捧げていた時代・国もあった。戦場における英雄はたくさんの人を殺すし、死刑執行人が刑を執行するのははたして罪なのか?

殺人においてすら、さまざまな例外があり、一概に「殺人はすべからく罪である」とは言えない。それはつまり、人を殺すことが正しいと解釈できる場合もあるということだ。

 

人は時代を経るにつれて正しさをアップデートしていくのだ、と考えることもできる。例えば、現在宗教儀式によって命を落とす人は極めて少ない(ないわけではない)。それは、「これは良くない」と認識を改めたからだ。しかし、はたしてその認識とそれによる改善は正しかったのか?それは誰にもわからない。ただ、多くの人にとって人は死ぬよりも生きるほうが良い。だから殺すのは良くないとなるわけだ。

 

生きること、人間を殺さないことは、人間にとってとても正しい。だがその正しさはあくまで人間の側に立った見方だ。立場によって解釈は変わる。今の世の中、世界が善vs悪ではなく善vsもう一つの善であると承知している人はかなり多いと思う。そういうことだ。

その人にはその人の立場に応じた正しさがある。

 

私は正しさとは、その人にとって「都合の良いこと」なのではないかなあ、と思う。

人を殺してはいけないのは、自分が殺されるというリスクを少しでも減らすため。つまり、人殺しを禁止するのは自分にとって都合が良いから。

だから、何が正しいんだろう?って疑問は「誰にとってどういうことが都合良いんだろう?」と置き換えて考えると意外とすんなり答えが見つかるかもしれない。(いや、自信はない…)

でもそれによって分かる正しさって、結局その人にとっての正しさでしかないんだよね。どれだけ広げても自分が認識する世界のなかでの正しさしか分からない。そんなのは真の正しさではない。すべてを俯瞰したうえでの正しさが真の正しさだと思うけど、まあそこに至るのは到底無理だし、生きていく上では必要ない。

人間が平和に、建設的に生きていくために必要な正しさは、人間にとっての正しさだ。

そしてそれが、人間内で共有されれば、かなり平和に生きていけると思う。でも無理だろうなー…。

結局人間は器の小さい生き物だから、少人数でしか連帯できない(未来においてどうかはわからないが)。そして、共通の敵の存在が連帯を深める。だから多分人間が種族として連帯する時って、人間が絶滅寸前まで追い込まれた時なんだろうね。「人間」の敵、もしくは脅威が現れるまで、すべての人間が人間だからという理由で連帯するのは無理だと思う。

だから、共食いしてる時って、もしかしたら種族としては繁栄に成功しているときなのかもしれないね。ほんとにヤバかったら、そんなことしてる余裕ないもん。それか、人間が増えすぎているか、だね。人間を含め動物は増えすぎると、同種で争いを始め、適量を保とうとするのかもしれない。うーん、どうだろ、これはわからない、違うかも。まあとにかく、あんまり大勢になると仲間意識が持てなくなって派閥ができて争いが起きる、ということだ。

なぜ派閥ができると争いに発展するのか?共存できないのか?と今思ったけど、多分それはアイデンティティを確立する際に最も簡単且つ効果が高いのが、他者を否定するということだからかな、と思う。自分の輪郭をはっきりさせるためには、周りを黒く塗りつぶしてしまえばいいというわけだ。グループができると、そのグループのアイデンティティを固めてグループ内の結束をより深めようとなる。そりゃそうだ、結束し交流することで生存率を上げるのがグループを作る理由なのだから。そしてその結束は他者への攻撃によって最も深まる。団結だ、連帯だ、絆だ、なんだと綺麗そうに言うけれども、それはすべて他者(事柄や物などの場合もある)を否定することでなりたっている。多かれ少なかれ、みんなそうなのではないかなと思う。良い悪いではなく、仕組みとして。

 

うーん。まとめとしては、「普遍的であると受け入れられる正しさとは、より多くの人間にとって都合がいいこと」であると言えるね。

だから、これは正しいですよー、これは間違ってますよー、と言いたい場合は、これはあなたにとって都合が悪いですよor良いですよと訴えかければいいわけだ。と思う。