愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

あるこーる

毎日酒を飲んでいる。人生はやりづらくってかなわない。

道をまっすぐ歩けないし、思ったように声もでない。

つらくて情けなくてやるせない。

きちんとできないから、ごまかすように酒を飲む。

できなさを酒のせいにして逃げる。

あーもう、死んでしまいたいあーー。

何かをしなくてはいけないらしい。人生は。

忙しく充実させていなければいけないらしい。

くそ、なんでそんなに焦っているんだ。

私の体はこんなに重くてしかたがないのに。

飲んだ酒を目からこぼして、重たい体を引きづって、なのに飯だけはきちんと食べて、いつまでも寝ていて、精神だけが焦っている。

ぼんやり背を丸めているだけではいけないのか。ぼんやり活字を追うだけではいけないのか。

私はなぜ生きようとしているのか。しんどい。