愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

涙を流すとぐっすり眠れる

最近はよく自分が今突然自殺したら、あの人はどんな顔をするだろうかと考えます。

いい気味だと思う人もいれば、悲しい気持ちになる人もいます。

でも、なんだか少しスカッとする。

自殺は復讐だと思う。苦しめてくるあいつを、苦しめてやりたい。突然死んで、不幸を突き付けてやりたい。

そんなことを考えています。

あとは、遺書のことも考える。

最後に残す言葉を想像するのです。私はいつもここで泣いてしまう。あの子にたくさんの感謝と愛を伝える言葉を考えていると、なんだか死にたくないなあと思って泣いてしまうのだ。

それで、死にたくないなと思ったことに、安心したり絶望したりして、泣きながらぐっすり寝るのだ。

涙を流すと、よく眠れる。