愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

アルコールに溶けるクソみてーな人生

うう…つらい…つらいよお…

何もしたくないよお…おしごとなんてなんにもしたくないんだよお…

 

お金を稼ぐということは本当に大変ですね。なんにもうまくいきません。雇われて働くのはなんだかもううんざりしてしまった。好きでもない職種のバイトをするなんてもううんざりだ。本屋なら働きたい。でも家の近くには本屋がない。死んでくれ田舎。

ついでに言うと車もない。車がなければ田舎では生き残れない。つまり私は何もできない。死んでいる…。

自転車で行ける範囲内にろくな仕事なんてないんだよなー。車、買ってもいいけど、そしたらほんとにちゃんと稼がなきゃいけなくなるしなー。やだなー。車の維持費って高いんだもんなー。

 

最近は在宅ワークをしていると書きましたが、これもまた難儀なもので、良い仕事が見つからない。ほとんどクソみたいに割の合わない仕事ばかりですよ。1文字0.2円ってなんだよ…。くそか…。ていうか、なんだかやる気もなくなっている。

いろいろ考えて文章書くのは疲れる。この日記みたいに何にも考えずに書けるならまだしも、仮にもお金貰ってるからなー。考えて書かねばならない。でも疲れたんだよー。頭痛い。えーん。こうして時間だけが無為にすぎさっていく…悲しい悲しいよ。

死んでしまいたい。

 

だが、私は死ねないのだ。残念ながら。

なぜなら、私の死を否定する人がいるから。私に「死なないでね」という人がいるから。私はその子のためならなんだってする。その子のためなら苦しくても生きる。生きるぞ。死なない。

あーーでもやっぱり苦しい。何もしたくない。死にたいな…