愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

腕は筋肉痛、口は回らない。

はあ、もうなーんもやりたくねーなー。

何もしたくない。だるい。

楽しいことなんかなーんもない。虚無だよ虚無。死んでしまいたい。

 

働きたくねーなーと思ったので、趣向を変えるか思って在宅ワークを始めてみた。クラウドワークスで文章を書くのだ。

実は1か月前くらいからちまち使ってはいたのだが、ここにきて本格始動をしようと思ったのだ。1か月前に契約を交わした仕事も進めつつ、タスクでいくつか記事を収めていった。

でもなー。何せ単価が安いんだよなー。

タスクは手軽にできる分特に安い。いい条件の仕事は瞬殺で他の誰かによってこなされてしまう。うわー。もっと潤沢にこなしやすい割のいい案件が欲しいよー。

そんなことをわめいたところで無駄なのだ。

ひたすら黙って探し続けるしかない。

 

しかし、うがー。もうだめだろ…。となったので、タスクはいったんわきに置き、契約する仕事を探すことにした。

これもまた、よく探さないと良い案件とは出会えないんだよなー。と思いつつサイトないを巡回して辿りついたのが、葬式に関する記事の作成。わー、結構いいぞ。ということでメッセージを送る。まだ返信は来ていない。こわいよー。

 

ただ、書くことはだんだん楽しくなってきた。だんだん慣れてきたとも言える。

1時間でだいたい1500字くらいは書けるようになってきたし(前は一時間に800字くらいしか書けなかった)、一日で考えると4000字くらいは書けるんじゃないか。まあ、体調とかだるさの具合にもよるけど。てゆーかだいたいは1日3000くらいしか書いてない。少し盛りました。

 

書くことはどんどん滑らかになってきたのだけれど、困ったことにそれに対して口がどんどん回らなくなってきた。うまく口が動かせないのだ。音声の強弱もうまくつけられない。頭がぼんやりする。口が手になったようだ。

あー。新たなスキルがささやかに(ほんとにささやかに)磨かれたかわりに、もともとあったスキルはぼろぼろになっていく…。なんだこの人生は。早く死にたい。