愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

ゆらめぎ

卒論を書き終わりバイトも辞め、毎日家にいる。

ツイッターをぼんやり眺めているといつの間にか外が暗くなっている。

お腹がすくので、白米に味ポンをたらして食べる。
そんな生活をしている。

 

何かしなければという漠然とした焦燥感だけが空回りして息苦しい。 

何かやることが他人によって決められていないと落ち着かないのだ。追い立てられてないと不安になる。無為に時間だけが過ぎていくことが恐ろしい。

そんな風に思うなんて、私の精神はなんて貧しいんだろう。何もしなくていい時間というのは一番の贅沢だ。その贅沢を素直に甘受できないなんて。

忙しく追い立てられている時って、アドレナリンがどぱどぱ出てて興奮状態だし、生きてるって感じがするから、それの中毒状態になっているのかもしれない。

 

暇だとだんだん精神が鬱屈してくる。
忙しい人から見たら私はすごく暇で能天気だし(実際そうなのだけれど)、さぞ馬鹿にして見下されているのだろう。みじめだ。そっちが勝手に自らを忙しくしているくせに。私の優雅さをひがむんじゃねえ。

いや、ひがんでいるのは私だ。
忙しそうな人に対して、そうやって忙しくして、求められて、疲れて、他人に労わられて、いいですね、私は肩身が狭いですよ、なんて卑屈に思ったりしている。


何を言っているんだろう、自分は。こんな考えかたは酷く矮小だ。

みんな努力している。対価を払っている。
私は努力していないし、対価を払っていない。
惰性で生きて、世間に甘えてる。そのくせ、えらそうな口をたたいて、物分りの良いふりをして、必死にちっぽけな自尊心を守ってる。


このみじめな自尊心に何の価値があるというのだ。

 

この部屋と世界は本当に地続きなのだろうか。
本当は全部虚像なんじゃないか。そんな考えが頭から離れない。

本当は誰もいなくて、何もなくて、全部夢で、私がここから飛び降りることで、首を絞めることで、刃物を突き立てることで、やっと醒めるんじゃないか。

 

信じられることが何も掴めなくて恐ろしい。足元がぐらぐらと揺らいで立っていられない。脳みそに虫がたかっているようで痒い。全身がバラバラになっていく。