なんにもないよ

虚無感がすごい

老人か死体

もうすぐ誕生日です。誕生日に祝われたり、何か貰えたりするのって不思議だ。生まれただけなのに。なんにも自分は頑張ってないのに。むしろ、この怠惰と虚無の元凶なのに。

 

誕生日が来るたびに死にたくなります。

22年前のこの日さえなければ、こんなに苦しく、寂しい、空っぽの日々を過ごすこともなかったのに。誕生さえなければ、嬉しいも悲しいも苦しいも楽しいも全部感じなくてすんだのに。

 

感情は、例えプラスのものでも(楽しいとか嬉しいとか)でも負荷を感じる。大きな感情の波が押し寄せて来ると、ちょっとしんどい。濁流にのまれて、身動きが取れなくなったかのような息苦しさと、どうしようもない不安を感じるから。

なるべく、何にも感じたくない。

 

感受性なんてものも糞食らえだ。こんなものに振り回されて苦しんで馬鹿みたい。

早く老人か、死体になりたい。