なんにもないよ

虚無感がすごい

どうしようもなく惨め

エンターテイナーには多分なれない。私はいつまでも消費者でいつづけるんだろう。奪って奪って奪って、そればっかり。呆れちゃうね。
創造者を夢見た頃もあった。努力は苦しくて、生産者はあふれるほどいて、早々に諦めてしまったけど。だってこの世には娯楽が掃いて捨てるほど存在していて、自分で生産する必要性を感じなかったから。片っ端から消費し続けたら、人生はそれだけで終わっちゃいそうなくらい飽和しているんだもの。

どうして私には友達が少ないんだろう。それは多分、他人に優しくないから。それから感じ方がズレてるせい。あとかわいくないから。
でも、自分は優しい人間だとずっと思ってた。笑えるね。その優しさは自分にしか向けられていないのに。
人ってどういうときに嬉しくて、どういうときに悲しくなって、どういうときに怒るんだろう。嬉しそうな人を見てもふーんって感じじゃない?共感できないんだ。だって他人事だから。なんで嬉しいのか説明されればわかるけど、だからって自分まで喜ぶ必要はなくない?この冷淡さがいけないんだけどさ。

共感ってすごく大事だと思う。共感出来る人には親近感がわくし、好意をもつ。だからみんな同じような服を着て、同じようなメイクをして、映画やドラマは流行ってるものを追いかけて。感想も似たりよったりでさ。こうやって同じ感情を共有することで親密になってる。
流行りなんてバカみたいってずっと思ってた。服にも化粧にも興味がなかった。それは多分、人に興味がなかったから。好きの幅がものすごく狭かったから。つまんない人間だよね。でもさ、実際流行りなんてバカみたいじゃない?流行りにも乗れない愚鈍な自分はもっとバカだけど。
今までずっと他人を見下して生きてきたけど、実際は見下されてたんだ。だって自分はずっと底辺にいる。少なくとも真ん中よりは上にいると思ってたのにな。思い込みが激しくて傲慢。私の欠点。プライドばっかり無駄に高くって、そのくせ実力は皆無。マヌケだよね。
見下してる相手に上から目線で話されたら、そりゃムカつく。相手にしたくない。まして友達になんてなりたくない。わかってる。でもさ、このことにやっと気づいた今でも、どうしたらいいか分からないんだよね。どうしたらみんなと一緒に笑えるのかな。どうしたら他人のために笑ったり泣いたりできるのかな。

でもどこかでそれを望んでない自分もいる。甘えてる。

苦しみたくない。怒られたくない。悩みたくない。自分のためだけに泣いていたい。甘やかされたい。何もせずに必要とされたい。今まで通り愚鈍に生きていきたい。

そんな人間は人間として認められない。
惨めに死んだほうがいい。死にたい。ほんとはこれっぽっちも死ぬ気なんてない。怖い。

2015.6.21