なんにもないよ

内臓と虚無

原点回帰

さて、オタクだし好きな漫画の話でもしよう。 唐突に始めます。オタクの好きな漫画語りです。 何から書こうかなー。 やはり順当に自分の原点から書こうかな。 遡ること、n年前。小学3年生のときに友達から借りた「カードキャプターさくら」と「ツバサ」が何…

逃げ回っている

死にたくなるのは、未来に希望がもてなくなったとき。 自分が世間の、友人の、家族の、つまり他人の期待に沿うことは絶望的だと思えてしかたがないとき。 何かを間違えたり、倫理的でないふるまいをしてしまったとき、きちんと反省して、次はこんなことない…

たいへんよくできました

結局のところ自分は何がしたいのだろうか。 目の前には虚無ばかりが広がっている。 人生に生きる価値などないのだと思っていないと、怖くてもう一歩も踏み出せない。 だって自分の人生に、自分の選択の先が正しいとも価値があるとも思えない。いつだって私は…

傷つき続けるしかない

いやあ・・・毎日毎日頑張って考え続けています。 でも考えることより、自分にとって苦痛なのは、考えを発表することですね・・・。文章にまとめたり、口で言ったりして、人に説明するのが苦手。 表現力がないってのも一つ原因だし、あとは頭の回転が遅いっていう…

自分の人生が他人事みたいに思えるのは、人生に責任を感じすぎっちゃってるだけなんだよ

またもや将来のことを考えたりなどしていた。 いやぁ~、暇なんだろうね、きっと。暇だし不安定な身分(無職)だからすぐ不安になって将来を案じちゃう。よくないよ~。 でも、成長はしたよ。前はもっと絶望的な気持ちになってたもん。 たぶん初めて将来が不安…

谷間の吐瀉物

書くべきことがあるときほど書けない。 誰かに何かを説明したりする文章って、まったくもって腰が重い。自分の気持ちを適切かつ論理的に文章にするのは、本当に苦手だ。 こういう日記みたいな誰かへ宛てたものではない、だらだらとした文章はむしろ好きで書…

灰色のやさしさ

最近は自分が思っていた以上に優しくない人間なんだなと、気づかされることが多々あった。それは正直ショックなことだった。 私は自分勝手で自己中心的で他人に無関心で、道徳観念が薄い。ある程度気づいてはいたことだが、そのせいで自分の思惑とは裏腹に他…

ゆらめぎ

卒論を書き終わりバイトも辞め、毎日家にいる。 ツイッターをぼんやり眺めているといつの間にか外が暗くなっている。 お腹がすくので、白米に味ポンをたらして食べる。そんな生活をしている。 何かしなければという漠然とした焦燥感だけが空回りして息苦しい…

不幸地獄天国

自分は存在していていいんだという無根拠の自信をもっていない人は、自分の不幸をひけらかしがちなる。 これは、かなり、経験から実感としてそう思う。心当たりが全くないわけではないので。 自信がない人が、なぜ不幸自慢をしてしまうかというと、それは、…

性行為快楽

前にも書いたが、私にはセックスもする同性の友達がいて、その子を仮にAさんとする。 それから、今私のことを好きだって言ってくれているBさん。 2人の何が違うって、私に対する思いの強さが全然違う。 Bさんの思いは誠実だし、重たい。私の何もかもを肯定し…

自殺の話

夜中、つらくてつらくてどうしようもなくて、自転車をこいで駅まで向かった。終電に乗り込み、自宅の周辺より少しだけ栄えている隣駅まで行った。駅を出て近くの歩道橋から身を乗り出す。下に広がる道路を見下ろしてみた。 下は真っ黒で、本当に黒々としてい…

女のパロディ

私にはセックスもする友だち(女)がいる。昨日はその子とドロドロのセックスをして(口移しで酒飲んだり、耳穴犯されたり、首を絞められたりした)、鎖骨あたりにえぐいキスマークをつけたまま、男の人に会った。 すごいニヤニヤしてしまった。俺は昨日、女とエ…

少女の官能性

映画「エコール」を見た。 この映画は、端的に言うと、少女が森で集団生活する様を撮ったものだ。 少女だけが森で暮らすというシチュエーションはもう「これこれ!」って感じだし、本当にとにかく画面が美しい。毎カット毎カット、ひたすら少女が美しい。こ…

恋じゃなくても愛はある

これは恋なのかもしれない、恋じゃなきゃ説明がつかない、と思った。でも、恋と言い切るのはなんとなく躊躇われて、ずっと曖昧なままにしていた。 私はその人のことが大好きで、愛おしくて、特別で、大事だ。 溢れるほどの穏やかな愛はあるが、しかしそれ以…

優しさは強さ

「優しさが報われない人を見るといたたまれない気持ちになる」と言った人がいた。私はそれにあまり同意できない。優しさは自己満足だと思うから。報われるのはただの付いてくるものであって、報われるために優しくすべきではない。今日も優しくできたな、ふ…

ふわふわして立ってられない

なんだかひどい気分だ。 毒親に別れを告げるのは気力と体力がいる。胃がぐるぐる渦巻いて気分が重い。相手の考えていることがわからない。違う生き物みたいで怖い。泣いたら負けなのに、それほど深く傷ついたわけでもないのに、涙が止まらない。図太く、鈍く…

どこもかしこも

なんだか、どこもかしこも窮屈だ。人間、一人でいたら寂しいけど、群れたってろくなことにはならない。 狭い囲いの中でぐるぐるどろどろ渦巻いて、顔色うかがって足を引っ張って喜んだり悲しんだりしてる。ばっかみたい。 みんな自分の欲望ばっかり。他人の…

おばあちゃん

うちの祖母は意地が悪い。 自分は少食のくせに、食べ物をいっぱい買って来て「〇〇ちゃんのためにいっぱい買って来たからねぇ。食べてもらわなきゃ困るねぇ」って言うのだ。 食べ物をいっぱい用意すること自体は、おもてなしという優しさだと思うが、こちら…

2017/09/02

今日は実家に帰省した。 お母さんは私に無関心なのかと疑ってたけど、そんなことなくて、実際はめちゃくちゃ私に甘いだけだった。 きつく叱らない、無理に強制しない、お節介を焼かない、というのは私が嫌な思いをしないためだったんだ。 ひどく回りくどくて…

2017/09/01

今日は昼頃に起きて学校の図書館に行った。帰って来てからぐうたらしてたらバイトに行く時間になった。

虚構の奴隷

倫理とか道徳とか常識って、すべて教育によって植え付けられたもので、そこに本質的な善悪や真理は無いと思っている。全部、社会を円滑に構成するために作られた虚構でしょ、こんなの。 でも多くの人は常識や道徳がまずはじめにあって、それが絶対の真理で正…

能天気(死にたい)

今日も自分の無力感に死にそうです 自分は先を見通す能力が圧倒的に欠如している… 想像力がなさすぎて、これをこうしたらこうなるでしょ!だから危ないんだよ!みたいなのが全然わからない。 例えば、火は触ると熱い。それが実際に触った後じゃないと理解で…

ごめん

男の人に言い寄られています。どうやら彼は私を好いてくれているようで、やたらベタベタ触りたがります。頭を撫でたり抱きしめられたりキスされたりします。ほうっておくと、さらに胸を揉まれ、パンツの中を暴かれます。 そこまでは良いんです。 別に触られ…

内臓が熱い

何か創造的で生産的なことをしたい。小説を書きたい。絵を描きたい。何か作りたい。 そんなことを思っています。 でも表現したいことは何にもない。 小説を書きたくてパソコンに向かってみても、絵が描きたくてペンを握ってみても、何をかけばいいかわからな…

焦り

この先どうなっちゃうんだろう。 こんなに人間がいっぱいいて、みんなちゃんと生きているとは思えない。ちゃらんぽらんなその日暮らしの人、絶対もっとたくさんいるでしょ。定職に就かず、ふらふらしてる人、もっと大勢いるでしょ。 何にもしたくない。寝て…

老人か死体

もうすぐ誕生日です。誕生日に祝われたり、何か貰えたりするのって不思議だ。生まれただけなのに。なんにも自分は頑張ってないのに。むしろ、この怠惰と虚無の元凶なのに。 誕生日が来るたびに死にたくなります。 22年前のこの日さえなければ、こんなに苦し…

虚無

毎日毎日、焦燥感と虚無感にとらわれまくりで疲労する。なんにもしたくないけど、なんにもしてないと世間に妙な罪悪感を感じてしまう。 何かしなきゃって焦るけど虚無がうわあぁ〜〜って襲いかかってきて、気力とか体力とか全部押し流していってしまうのだ。…

ラブレター

将来のことについて考えたら風邪をひいた。しゅーしょくかつどーをそろそろしなきゃいけないので、頑張って未来のことを考えていますが、何がなんだかサッパリです。客のおじさんや祖父は、「就職して結婚して子どもを生むでしょう?それが1人前の大人っても…

愛は生に必要か

人は愛に守られて生きている。生への祝福は愛の表れ。死の悲しみだって愛がゆえ。揺り籠から墓場まで、量の差はあると言えど、私たちの周りには愛がある。愛、愛、愛愛は希望を信じさせてくれる。希望があれば絶望して死ぬことはない。愛ってなんか、ドラッ…

無駄なもの愛おしい

アートの力で地元を元気に!みたいな煽り文句が嫌いです。なんだよ、アートの力って。つまりは、目新しいエンタメをダシに人を釣ろうって魂胆じゃん。でも、それ自体は全く悪いことじゃないと思っています。人が増えて栄えることやそれによって経済が潤うこ…