なんにもないよ

虚無感がすごい

聖母

聖母が万人に降り注ぐ慈愛のように、性愛を降り注ぐことは可能なんだろうか。

 

この間、桜が家に泊まっていった。桜っていうのは大学の先輩で、先輩なのに後輩から舐められまくっている。誰も桜に敬語なんか使わない。
桜とは光と3人でよく呑んでいるのだが、今回は光が急に来れなくなったので2人で呑んでいた。

 

お酒もいい感じに回ってきた午前1時、ふと見ると桜の視線が熱っぽくなっていた。

内臓に手を突っ込んだかのように、不快に暖かく、ねっとりと私を見つめていたのだ。

 

「なぁ…こっちに、隣に来て…」

 

吐息多めの囁くような声。
桜の真向かいに座っていた私は、何も言わず、隣へ移動し、猫のようにすり寄った。

 

いつもそうなのだ。
人の頼みを断れない。
日常の些細な頼まれごとはともかく、私へ明確に好意を向けたうえで行われる頼みを無下にすることが、どうしてもできないのだ。
私はその人を好いていないのに。

 

桜の場合もそうだった。
桜のことを異性として見て好意を持ったことは、一度もない。
性的興奮を覚えたこともない。
よって付き合う気なんてさらさらない。
でも桜の性的な要求を断れないのだ。

 

桜が私を愛でている。
その手は気持ち悪く、私は身体を硬直させることしかできない。

だが、なぜだか私は他人に身体を明け渡すことが苦痛ではなかった。
撫で回されるのは気持ち悪いとは思うけど、気持ち悪い、だから何?とも思うのだ。


それ以上でもそれ以下でもない。
思考がゆっくり止まって、目の前がどろどろ溶けてくる。
気持ち悪い。
でも、でも、

 

私はできる限り期待に応えたいのだと思う。
好きな人には好かれたいでしょう?好きな人に拒まれたくないでしょう?
だから私はあなた方を拒みません。

私を好いてくれるなんて、万人を愛す神様くらいだと思ってた。
神様に、失望されたくない。

 

せっかく好きになってくれたのだから、私を好きになる人なんて希少なんだから、せめて、あなただけでも救いたい。


あなた方は私の神様で、私はあなた方の聖母になりたい。

 

 

虚構の奴隷

倫理とか道徳とか常識って、すべて教育によって植え付けられたもので、そこに本質的な善悪や真理は無いと思っている。全部、社会を円滑に構成するために作られた虚構でしょ、こんなの。

 

 

でも多くの人は常識や道徳がまずはじめにあって、それが絶対の真理で正義で基準なんだと思っている(ように見える)。実際にそこまで盲目的な人は稀かもしれないけど、みんな無意識に常識や道徳を「そういうものだから」って言って大人しく従っている。

奴隷かよ。

みんな常識の、そしてその常識を生み出した社会の従順な奴隷じゃねぇか。

しかも強制されているわけじゃなくて、自分から当たり前のように跪いて靴を舐めてる。

 

能天気🌀(死にたい)

今日も自分の無力感に死にそうです

自分は先を見通す能力が圧倒的に欠如している…

想像力がなさすぎて、これをこうしたらこうなるでしょ!だから危ないんだよ!みたいなのが全然わからない。

例えば、火は触ると熱い。それが実際に触った後じゃないと理解できないのだ。人から言われたら、あぁ確かに火は触ったら熱いよなぁ、危ないなぁってわかるのに。そのことに前もって自分で気づけないのだ。

バカだなぁ

なんでこんなことに気づけないんだろう。

都合のいいことしか考えなれないんだよなぁ…

 

気分が悪くなるようなことに頭を使うのは馬鹿らしいと思って、そういう類のことは努めて考えないようにしていたのだけれど、それが癖になってしまって、考えるべき問題も無意識にスルーしてしまうのかもしれない。

 

 

 

 

ごみんに🙏

男の人に言い寄られています。どうやら彼は私を好いてくれているようで、やたらベタベタ触りたがります。頭を撫でたり抱きしめられたりキスされたりします。ほうっておくと、さらに胸を揉まれ、パンツの中を暴かれます。

 

そこまでは良いんです。

 

別に触られてるだけだし。

苦手な人じゃないかぎり、どんなにキモいオヤジだろうが、触られることに抵抗を感じないので。

 

その人のことは決して苦手ではありません。

でも、恋愛として好きなわけでもありません。

 

彼を求める気持ちは微塵もないのに、愛撫を嫌がる理由がさっぱり見つからず、私は戸惑いました。

好きじゃない人にこんなにベタベタされたら普通は嫌がるものなんでしょ?

 

とうとう彼は己のブツを取り出し、私に舐めるように促しました。

口にすることへの抵抗はなかったのですが、それはとにかく不味く、臭く、続けるのはとても疲れました。

だんだんと私の頭はすーっと冷めていき、不快感に支配されました。

 

なんで、好きでもない野郎のちんこを舐めなきゃいけねぇんだ

 

我に返った私はそれ以上の接触をすべて、なるべく明るく能天気に拒み、距離を置きました。

 

しかし、人の好意を断るのは非常に体力がいるもんですね。彼のしょんぼりとした顔を見て、急に心が痛みました。

彼のことを好きになれたらよかったのに。

好きな人には自分のことを好いてもらいたいだろうし。

期待に応えられなくてごめんなさい。

 

ちんこは不味いし貴方のことは好きじゃないけど、嫌いでもない。だから怒る気にも拒絶する気にもなれなくて、中途半端で、貴方に申し訳なく思います。

内臓が熱い

何か創造的で生産的なことをしたい。小説を書きたい。絵を描きたい。何か作りたい。

そんなことを思っています。

でも表現したいことは何にもない。

小説を書きたくてパソコンに向かってみても、絵が描きたくてペンを握ってみても、何をかけばいいかわからなくて途方に暮れてしまう。

内臓のあたりがもやもやして、うまく吐き出せない。

何にも出てこない。内臓も血も脳みそもこんなに暖かいのに、燃えるように熱いのに、からっぽだ。

焦り

この先どうなっちゃうんだろう。

こんなに人間がいっぱいいて、みんなちゃんと生きているとは思えない。ちゃらんぽらんなその日暮らしの人、絶対もっとたくさんいるでしょ。定職に就かず、ふらふらしてる人、もっと大勢いるでしょ。

 

何にもしたくない。寝て、起きて、ご飯食べて、ネット巡回して、ちょっと本読んで、また寝る。そういうことを繰り返して、いつの間にか腐って死にたい。

 

老人か死体

もうすぐ誕生日です。誕生日に祝われたり、何か貰えたりするのって不思議だ。生まれただけなのに。なんにも自分は頑張ってないのに。むしろ、この怠惰と虚無の元凶なのに。

 

誕生日が来るたびに死にたくなります。

22年前のこの日さえなければ、こんなに苦しく、寂しい、空っぽの日々を過ごすこともなかったのに。誕生さえなければ、嬉しいも悲しいも苦しいも楽しいも全部感じなくてすんだのに。

 

感情は、例えプラスのものでも(楽しいとか嬉しいとか)でも負荷を感じる。大きな感情の波が押し寄せて来ると、ちょっとしんどい。濁流にのまれて、身動きが取れなくなったかのような息苦しさと、どうしようもない不安を感じるから。

なるべく、何にも感じたくない。

 

感受性なんてものも糞食らえだ。こんなものに振り回されて苦しんで馬鹿みたい。

早く老人か、死体になりたい。