愛おしき日々

虚無の日々を過ごしています。

不安定

今月はなんかタイミングが合わなくて今のところ全く持って労働をしていない。

その割に遊んじゃったから、まじでお金がない。

散財すると心が不安定になる。不安定な心を安定させるための散財もあるけど、お金がどんどん減っていくのは、精神までどんどんすり減っていくような気持ちになる。

まあ、自分はまだ恵まれて入れ、家もあるしごはんもあるし、すぐには死なないから大丈夫なのだけどやっぱり不安にはなる。

どうしてこんな生活をしているのだろうか。時々酷く嫌になる。自分で選んだことなのにね。

なんか新しいことでも勉強しようかな。

占いとか心理学とかそういうの。他に興味のあることってあったかなあ。もう全部忘れちゃったなあ。ほんとは占いとかも別にあんまり興味ないのかもなあ。

命を燃やす何かがほしいな。

整合性

何もかもダメな気持ちになっている。

将来のことは何もわからなくて不安に感じる。今やっていることを全て投げ出して違う土地で生活したいと思ってしまう。

寂しくて人と生活してるのに、近づいても近づいても理解してもらえない。私とあなたの最適な距離感は今の遠さで、これ以上近づくことはきっと出来ない。

私の後ろめたいところ、倫理観のないところ、ほんとは全て笑って受け入れてほしいけど絶対に無理だろうなと思う。

私がセックス好きなこと、恋愛感情のない友達とたまにセックスすること、男が苦手なこと、今の生活をずっと続ける気はないこと、死にたいなと思ってること、などなど。上手く開示できない自分も悪い。そもそも人の全てを受け入れるなんて無理だってわかってる。

セックスの話は難しい。私は性への好奇心が人より強いくせに、それへの羞恥心も人一倍強い。引かれたくない。惨めな思いをしたくない。自分勝手だなあとしみじみ思う。

それでもあの子が私を見捨てないから、私に生きてと言うから、だからまだ大丈夫。

 

自分にはいくつかの面があって、それぞれの整合性がとれなくて時々混乱する。あなたと活動するのも、あの子といる時の自分も、彼女に甘える自分も、全部自分なのになぜか辻褄が合わないような気持ちになる。

 

おー

がんばろーおー、と思ったけど、普通に今日ものんびりと過ごしてしまった。

あー今日はいい天気だったな。

昨日はもはや死ぬか出ていくかかな~と思って結構精神的に追い詰められたけど(勝手に)、今日人に色々と話したら元気になった。やっぱり溜め込むのはよくないね。

まあ、まだ何も解決はしていないし、これからって感じなんだけど、これはなんか気の持ちようって感じもするし、精神をしっかりさせて自己肯定感を上げてやってれば乗り切れる。だいじょうぶー。死ぬ必要はない。

のんびりやろうーいざとなったら逃げようー

 

爆破

またもや他人の感情に振り回される状況が到来した。別に自分は悪くないと思うんだけど、癖というかなんというか、つい顔色をうかがってしまう。この人は別に全然怖くない、めんどくさいだけだと思っていたけど、ほんとはやっぱり怖がっているのかもしれない。でも、それを本人の前で認めたら私のプライドはどうなる?私はあんたにいっつも劣等感を感じてて、でも虚勢張って対等なふりしてるだけだって自分で認めなきゃいけないの?私はあんたの態度に支配されてるだけですーって?わっかんない。感情なんてその時の都合によって変わるから、自分は本当にここにいたいのかもよくわかんない。感じたくない感情は見ないふりして都合よく勝手に解釈する、それが私の生存戦略。息を潜めて影を薄めて面倒なことからは距離を置いて、知らぬ存ぜぬで逃げ切るの。

 

いつだって全部捨てられる。自分はいつでもこの身一つだ。それが思い込みだとしても、そう思っていないと持ち物なんか増やせない。いざとなったら全部捨てて、いつでもどこにでも行ける、そういう可能性が私にとっては唯一の希望だ。この場所に執着なんかしない。本当に無理になったら、リュックにスマホと財布と充電器とタオルとお茶だけ入れて電車に乗って熱海にでも行こうかなって思う。

 

この間、いつ死んでもいいようにいらないものは捨てようかなと思って、部屋を掃除したけれど、結局何も捨てられなかった。さっき書いたことはただの威勢で、ほんとは何にも捨てられないんだ、きっと。今捨てたら後で後悔するかなとか、こうして溜め込んだ物たちが私が今まで生きてきた証なんだとか、そういうくだらない考えが頭をよぎった。今まで積み上げてきたものを壊して捨てるのはとても魅力的だけど、やっぱり足元が崩れるのは恐ろしい。随分とまともな人間になったものだなあと思う。衝動的に全部捨てるみたいなことが恐ろしいと感じるようになってきた。あーあ、きっとこのまま長生きしちゃうんだろうな。つまんなっ。

相変わらず死にたいなあと思っている。

最近は人にたくさん会った。酒もたくさん飲んだ。なんでみんな私のことを無視するのだろうと思うけど、それは私が他人を無視しているからだろう。

酒を飲んで奇行に走る彼女のことが、今なら少しわかる。私の知らない話や興味のない話でみんなが盛り上がっているとき、私は大人の話についていけない子供のような気持ちになる。もしくは男たちの話に混ぜてもらえない女の気持ちだ。みじめでみっともなくて悲しくて泣いたり暴れたりしてしまう。

酔っぱらったら誰かの肩にもたれたい。甘えたい。それを許さない人もいる。わかっている。人生のほとんどは我慢の連続だ。うまく我慢を貫けるやつが勝つ。寂しさに足を取られて余計なことを話したら負けだ。人との交流は得られるが、それは必ず面倒なことに発展する。話したくてたまらないことほどグッとこらえなければならない。長く関係を続けたいのならば。もしくは忘れてしまうことだ。これが一番いい。話したい内容も、話したいという感情すらも忘れられれば完璧だ。

今度久しぶりに会う人がいる。何を話そうか。最近は誰かのちんぽをしゃぶるなんてこともしてないし、ドラッグなんてもってのほかだ。色恋沙汰もとんとない。退屈な日常が淡々と続いているだけ。

 

そもそも恋とは何なんだ?

デートしたいなと思ったら恋なのか?それともセックス?でも、セックスって安心できる相手となら誰とでもできることじゃない?暴力を振るわない、暴言を吐かない、束縛しない、秘密を守る。セックスをする条件って愛じゃなくてそういうものだと思う。いや、そういうものを世間では愛と呼ぶのか?うーん…。

ともかく、恋や愛じゃなくてもセックスはできる。

愛はまあわかるけど、一体どれが恋なの?

面倒くさい

ぼんやりと日々を無為に過ごしている。特にやりたいこともなく、やりたくないことだけがたくさんある。

やりたくないこと

・働きたくない

・頭を使う文章を書きたくない

・難しい文章を読みたくない

・主体的に動きたくない

何もかもが面倒で、ひたすら受動的でありたいような気分だ。

いつのまにか日が暮れた。何かおもしろい本が読みたいが、それを探す気力もない。

データ入力の仕事に応募してみた。今週末はバイトの予定も入れている。

相変わらず働きたくはない。でも、いつまでもだらだらと無為に時間を過ごしていることに対して罪悪感がヤバくて、この気持ちを落ち着けるためには働かざるを得ない。

何か夢中になれるものがほしいな。

最近はシュルレアリスムにハマっている。学生のころにもっと熱心にハマっておけばよかったなあとも思うけど。

卒論はダリで書いたけど、今はマグリットが気になっている。

もう少し詳しく知りたいな。