なんにもないよ

虚無感がすごい

2017/09/06

イスをカラフルに塗った。可愛くなった。

教訓: スプレーよりペンキの方が扱いやすいしお得。

 

日記

2017/09/04

祖父母宅へ。ひさびさに妹と会った。

久しぶりすぎるので普通にしゃべれるか不安だったが、思ったより楽しくしゃべれた。よかった。

私はしっかりした年下には甘えやすいみたいだ。かなりリラックスできる。逆に年上は緊張する。うまく甘えられない。

 

2017/09/05

ダムにいった。ダムの成り立ちは結構血生臭く、多くの人の反対と努力と権威が絡んでいて興味深かった。

ダムを好きという人の気持ちがいまいちよくわからなかったのだが、なんとなくわかるような気がした。

昼は海鮮丼を食べた。

その後一人暮らしのアパートへと帰った。出発したのは15時くらいだったが、着いたのは21時になった。

快速じゃなくて間違って各駅停車の電車に乗ってしまったので遅くなったのだ。

ずっと移動で疲れてしまった。

教訓: 電車には慌てず、時間と種類を確認してから乗ろう。

クソババア

うちの祖母は意地が悪い。

自分は少食のくせに、食べ物をいっぱい買って来て「〇〇ちゃんのためにいっぱい買って来たからねぇ。食べてもらわなきゃ困るねぇ」って言うのだ。

食べ物をいっぱい用意すること自体は、おもてなしという優しさだと思うが、こちらはお腹いっぱいなのに「食べてもらわなきゃ困る」と脅されたのではムカついてしまう。

その優しさ、優しさじゃなくて全部あんたの自己満足じゃねぇか。

 

私が苦手な食べ物を残すと、「それ美味しいんだよ。食べてごらん」と言う。あなたみたいな偏食家に言われたくない。

何回か食べてみて、なお苦手だというのに。

だったら、そのことを言えばいいのにと思うかもしれないが、祖母はそんな言い訳なんて聞いてくれないのだ。「俺の酒が飲めないっていうのか!?」ということなのだ。

 

祖母は意地が悪く、自己中心的だが、しかしその自覚は一切なく、祖母は自分のことを純粋に優しく良いおばあちゃんだと思っている。祖母が悪いおばあちゃんなのではなく、私が思い通りに喜ばない、可愛げのない、悪い孫なのだ。

2017/09/02

今日は実家に帰省した。 

お母さんは私に無関心なのかと疑ってたけど、そんなことなくて、実際はめちゃくちゃ私に甘いだけだった。

きつく叱らない、無理に強制しない、お節介を焼かない、というのは私が嫌な思いをしないためだったんだ。

ひどく回りくどくて、人をダメにする甘やかし方だな…。

お母さんの愛は、不器用で分かりづらいくせにベタベタに甘ったるくて、こんなんじゃ子どもはダメになるに決まってる…。

現に、この家にいるとぐるぐると陰鬱で中身のないことしか考えられなくなる。しかも全て脳内をから滑る…。

無力感で死にそうになる。

 

でも、そんなお母さんが愛おしくて、可愛らしいし、私はちゃんと愛されてるっていうのがわかって嬉しかった。

実家に来てよかったと思う。ただ、もうすでに帰りたいけど。

 

 

2017/09/01

今日は昼頃に起きて学校の図書館に行った。帰って来てからぐうたらしてたらバイトに行く時間になった。

 

 

2017/08/31

今日は一番大好きな人に会いに行った。

カラオケで、歌わずにずーっとぽろぽろ喋り続けた。曲はかけるけど完全にBGMで、たまにアイドルの本人映像を見てかわいい、かわいいって言って楽しんだ。

死なないでね。病まないでね。きっと支えられると思うから、どうか生きててねって言われて、泣きそうになった。

自分は幸せだ。

こんなに思ってくれる人、絶対的な味方がいる人はそうそういないらしい。

私にはいる。幸せだ。

私もあなたの絶対的な味方でいるからね。死なないでね。

頑張って2人で、生きようね。

 

2017/08/30

今日は寝すぎた。12時すぎに布団を出て、お花と木のワクワクランドに行ってきれいでかわいい草を買った。

家に帰ったあとそれを植えて、ごはんを食べて、椅子を塗った。

椅子は赤黒くなってちょっと怖かった。